大橋運輸はお客様、社員、地域社会とのつながりを大切にする運輸会社です。

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

大橋運輸は、「規模は小さくても世界から注目されるキラリと光る中小企業」
を目指しています。

そのためには、多種多様な人材がその属性に関わらず互いに尊重し合い、持てる能力を最大に発揮し、お客様や地域に貢献できるような職場環境、を作っていくことが大切です。

現在、大橋運輸では、多種多様な人材がそれぞれの個性・強みを活かしながら働いています。性別・国籍・年齢・障がい・ライフスタイル等の違いによる感性・価値観の違いを活かすことは、単一の感性・価値観では生まれにくいイノベーションの創出につながると考えており、それが付加価値の高い上質なサービスに繋がると信じております。

そして平成29年、女性や外国人、LGBTなど多様な人材の働きやすい環境を整備することでサービス品質の向上や業績拡大に成功したことが評価され、運輸業の中小企業として全国で初めて「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。

今後も更に多様な人材が活躍できるよう、大橋運輸では以下の目標を掲げています。

  • 女性社員比率 30%(2020年)
  • 女性管理職 6名(2020年)
  • 外国人社員比率 10%(2019年)
  • 外国人管理職 1名(2019年)
  • 障がい者社員雇用率 5%
  • LGBT社員比率 5%

多様な人材が活躍すること「ダイバーシティ」は企業の成長にも欠かせません。
女性・外国人・障がい者・LGBT・高齢者など様々な人材が働きやすい環境を整備し、真に活躍することが出来るよう、現在の取組を継続するとともに今後も改善を続けて参ります。

具体的な取組み

女性社員の活躍

柔軟な勤務体制

社員がワーク・ライフ・バランスを両立させることができ、その能力を十分に発揮できるようにするため、パート・正社員などの雇用形態を問わず、子供の急な病気など突発的な勤務時間・勤務日変更にも柔軟な対応をとり、子育て期社員へのサポートを行っています。職種によっては在宅勤務も可能となっています。その結果、高い能力を持ちながらも、これまでお子さんの用事などでフルタイム勤務が出来ず、能力を発揮できなかった方が多く活躍してくださっています。

短時間正社員制度

正社員・パートタイム労働者などの雇用形態にとらわれず、だれもがキャリアアップを目指すことができるようにするため、短時間正社員制度を制定致しました。2018年現在、2名がパートタイム労働者から短時間正社員に登用されています。

雇用形態にとらわれない働き方

また、パートタイマーの方=簡単な事務作業ではなく、責任ある業務を、やりがいをもって取り組んでいただけるように、勤務形態ではなく、ご本人の希望・能力・成果でプロジェクト・業務内容や責任・評価を決定しています。現在・管理職や本社責任者・室長として子育て期女性社員が活躍しています。

資格取得支援制度

男女や雇用形態を問わず必要な資格の取得を支援しています。

女性用現場作業服の導入

女性用の現場作業服を導入しています。

LGBT社員の活躍

LGBTとは

L= レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダーの頭文字をとった総称であり、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)を指し、日本の人口の7.6%存在しているという調査結果が出ています。
(電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2015」)

当社では性的指向と性自認に関わらず、すべての人が働きやすい職場づくりを目指しています。

LGBT理解の為の研修実施

LGBTコンサルタントを招き、LGBT理解のための研修を実施しました。研修では、当事者の気持ち・LGBTの基礎知識など、使うべきでない差別用語など当社社員にも分かりやすく解説して頂きました。

LGBTフレンドリー企業 認定証の取得

LGBTフレンドリーな企業に発行される「on the Ground Project(オンザグラウンドプロジェクト)外部リンク」の認定証を取得しています。

同性パートナーと配偶者を同等の扱いに

就業規則を改定し、同性パートナーも配偶者に認定し福利厚生の適用の対象に致しました。

男女共用のトイレを設置&男女区分に対する配慮

男女共用のトイレを設置しました。
また、LGBTの方が応募時にストレスを感じないよう、エントリーシートには性別欄を廃止致しました。入社後どうしても男女別が必要な際には、本人の心の性に準拠して区別しています。

通称名での勤務が可能

心と身体の性別が一致しないトランスジェンダーの方は本人の希望があった場合には通称名での勤務が出来るように致しました。

虹色どまんなかパレードへの協賛

より多くの人にとって過ごしやすい社会になって欲しいという想いから、名古屋で開催されるセクシュアルマイノリティ(LGBT)とその理解者(ALLY)のプライドパレード「虹色どまんなかパレード」に協賛をしております。

LGBT・SOGI(性的指向と性自認)の取り組みに関してのメディア掲載

LGBTの取り組みを様々なメディアでご紹介を頂きました。

  • 2016年6月9日 讀賣新聞
  • 2016年2月11日 毎日新聞
  • 2016年3月19日 中日新聞
  • 2016年6月28日 メ〜テレ
  • 2016年11月18日 NHK

外国籍労働者の活躍

新規事業拡張の為、2014年より海外出身の労働者を正社員として積極的に直接雇用しています。

通訳者をつけ意思疎通のフォロー

周囲の日本人労働者とのコミュニケーションに際しては、語学堪能な社員を通訳者につけることで円滑に意思疎通が図れるように工夫しています。

年1回の里帰り旅費の補助

年に1回母国に帰国できるよう旅費の補助をしています。

高齢者の活躍

60歳以上の優秀な人材を積極的に採用
定年後の雇用延長制度
長く健康で働くための健康サポート〜禁煙活動
禁煙外来診療費補助、給与明細メッセージ欄にて応援メッセージ、禁煙成功者表彰、喫煙場所の限定
日曜無料歯科検診実施
歯周病予防に効果の高い歯ブラシ・歯磨き粉の配布や平日に歯科に行くことが難しい社員のための日曜無料歯科検診実施
8020運動
旬の野菜や果物を社員に無料配布する「地産地消活動」など。禁煙サポート活動により8人の社員が禁煙に成功している。

障がい者の活躍

障がい者支援団体との連携

採用時には障がい内容を細かくヒアリングし、無理のない範囲で行っていただける業務内容・範囲を慎重に決定しています。

「障がい者雇用」ページを見る

ワークライフバランスの取り組み

子どもが生まれる予定の社員の方へ育児休暇制度についての情報提供
育休者への定期的な情報提供
復帰がスムーズにできるよう育休者へ定期的な情報提供を行いました。
育休取得社員へアンケートの実施
男性の育児休暇取得促進
男性の育児休暇制度促進の為、通常の年次有給休暇に加え育児の為の有給休暇制度(育児休業期間が3ヶ月以内の場合、初日2日間を有給化する制度)を設けました。(ここでいう有給化とは、通常付与される有給休暇とは別ですので、通常の有給休暇残日数が減ることはありません。)男性育児休業取得率60%以上を維持するための社員への情報提供を継続しています。

上記の取り組みの結果下記の制度に認定・登録を受けることができました。

くるみんの認定

次世代育成支援対策推進法に基づき2015年「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣より「くるみん認定」を受けております。

厚生労働省:くるみんマークについて外部リンク

愛知県「あいちっこ家庭教育応援企業」の登録

「あいちっこ家庭教育応援企業」とは、子育てしやすい職場環境づくりと子どもたちが健やかに育つことができる活動に取り組み、家庭教育を支援する企業のことを言います。

愛知県ファミリー・フレンドリー企業

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた様々な制度と職場環境を持ち、ライフステージに応じた多様で柔軟な働き方を労働者が選択できる取組を行う企業として、「愛知県ファミリー・フレンドリー企業」にも登録しています。

愛知県ファミリー・フレンドリー企業外部リンク

愛知県「あいち女性輝きカンパニー」認証

あいち女性輝きカンパニーとは、2015年から愛知県が取り組み始めた認証制度で、女性の活躍促進に向け、トップの意識表明や採用拡大、職域拡大、育成、管理職登用のほか、ワーク・ライフ・バランスの推進や働きながら育児・介護ができる環境づくりなどの取組を行っている企業等を認証する制度です。

あいち女性輝きカンパニー認証制度外部リンク

PAGETOP
Copyright © Ohashi Transport. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.