大橋運輸はお客様、社員、地域社会とのつながりを大切にする運輸会社です。

大橋運輸とSDGs

Ohashi Transport Action Plan for SDGs

大橋運輸のSDGs達成に向けた取り組み

世界を変えるための17の習慣

未来につなげるSDGsと企業

SDGsは「持続可能な開発目標」の略となっており、社会が抱えている問題を解決して世界全体で2030年を目指して明るい未来を作ることを目標とされています。2015年9月に国連で採決されており、先進国だけでなく発展途上国を含めたすべて国が対象です。

経済・社会・環境の三方良しを目指しており、17の目標と169項目のターゲット(達成基準)が設定されています。SDGsの持続可能な開発とは、将来世代のニーズを損なわずに開発していくことを指しています。その中には環境問題や社会問題も含まれています。
この考え方は、企業経営にも広がっています。企業経営でもSDGsが浸透することによって、地域貢献や企業の将来発展を後押しすることが期待されているのです。経営リスクを回避し、新しいビジネスチャンスを獲得するためにはSDGsの活用が注目されています。今後はビジネスの世界でも、SDGsが拡がっていくことが予想されてます。

地域社会に根ざした大橋運輸の想い

当社では1954年の会社設立以来、地域に根ざした企業として、地域の人々に信頼頂ける企業を目指しています。
誰もが安心して暮らせる持続可能な社会を実現するためにSDGsの視点で行政、外部団体・企業などと連携をしながら社会貢献活動や環境負荷の削減・環境保全の取り組みを行っております。持続可能な社会を実現していくことが企業の持続可能な成長につながると考えています。

国連広報センターWebサイト:持続可能な開発目標(SDGs)とは

大橋運輸のプロジェクトの紹介

該当表

  • 日本で回収した不用品(家具・贈答品・ 古い家電・自転車等)等をフィリピンに輸出

該当なし

  • ハイブリッド車両の利用
  • LED電球の使用
  • ソーラーパネルによる発電

該当なし

PAGETOP
Copyright © Ohashi Transport. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.