取り組み

ACTIVITY

10月25日「安全の日」

  • ダイバーシティ&
    インクルージョン
  • 地域活動 /
    CSV経営
  • 健康経営
  • SDGs

毎年10月25日は大橋運輸の「安全の日」です。
当社にとって、忘れてはならない日です。

平成18年10月25日夜、当社の元社員が一人の尊い命を奪いました。

高速道路の左端に乗用車を寄せて停車し、右前輪のタイヤ交換をしていた男性に気が付くのが遅れ、トラック事故を起こしてしまったのです。

奪った命を、大切な人を失った被害者家族の人生を、いくら反省しても当社は決して取り戻して差し上げることはできません。
当社にできることは、その現実と向かい合い続けること、安全について考え続けること、そんな想いから、10月25日を「安全の日」、10月を安全月間と定め、その直前には全社員を集めた「安全大会」を開催し続けています。

「安全大会」は、この事故の記憶を社員全員で共有し、安全への誓いを再確認することから始まります。

そして、
第一部では、外部講師による安全講話
第二部では、各営業所やベテラン社員による安全への取組み発表
第三部では、安全に貢献した社員への表彰
を行い、安全に対する意識を高め、あらゆる角度から安全の確保に努めています。

お問い合わせ

CONTACT

愛知県瀬戸市に本社をかまえる大橋運輸株式会社への
取り組みや事業に関するご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください
©2021 大橋運輸株式会社