7月21日(火)
愛知工業大学自由が丘キャンパス
経営学部 総合講義(加藤里美教授担当)の授業内で社長と社員2名が登壇しました。

昨今、SDGs(持続可能な開発目標)の項目にも
「5 ジェンダー平等を実現しよう」や「8 働きがいも経済成長も」という目標が掲げられております。

そこで、若い世代の学生の皆様と あらゆる人が活躍する社会を一緒に考えていきたいと思い、
「ダイバーシティ&インクルージョン」というテーマの基、
約70分の講義をさせて頂きました。

大学2,3年生 約70名が出席しており、
「ダイバーシティ経営」や「社会人について」などをお話ししました。

講義後、「ダイバーシティの必要性や需要の高さを感じた」
「相手の立場に立って、受け取る側のことも考える」
「言葉では知っていることでも、具体的に行っているとイメージができた」

などの感想を頂きました。
当社も授業を構成・発表する中で、ダイバーシティを改めて見直す貴重な機会となりました。

今後も、SDGs達成目標「17 パートナーシップで目標を達成しよう」にあるように
産学連携を行いながら ダイバーシティの浸透と進化に努めて参ります。