blank
トップ 大橋運輸の取組み 未来への想い

未来への想い

世界中で環境問題が深刻となりつつある今、企業活動においても環境に対する取組みは重要性を増しています。
エコ活動では「誰かがやる」ではなく「自分がやる」という意識を常に持たなければならないと考えています。

大橋運輸では「運輸会社だからこそできる環境に配慮した活動とは何か?」というテーマの下、エンド~1.JPG

 

   廃棄物の発生抑制

   社員のエコマインド向上

   エコの輪を広げる

   CO2排出削減

   エコから繋がる支援

 

の「オオハシ・エコ活動5本柱」を軸として多角的な活動を行っています。

そのような活動が認められ、2011年には瀬戸市より「環境にやさしい事業所」の認定を頂きました。

また、東京商工会議所主催の「eco検定アワード」において、2011年の優秀賞に続いて
2012年の中小企業で始めての大賞、2013年の優秀賞と、3年連続で受賞しました。

このページではその活動の中からいくつかをご紹介したいと思います。

blank

弊社の行う引越・片付サービスからは毎日大量の不要品が発生します。
また営業所からも毎日沢山のゴミが発生しています。
私たちは廃棄物を少しでも減らし3Rを推進するために、様々な取組を行っています。

ゴミの徹底分別

誰でも簡単に分別出来るようにゴミ分別チャートを構内各リサイクルステーションに掲示しています。
このチャートを見れば分かりにくい分別も一目瞭然で、本当に再使用(リユース)・再利用(リサイクル)出来ない
ものだけがゴミとして廃棄される仕組みです。

リユース輸出事業

引越・片付サービスを利用されるお客様のお宅からは様々な不要品が不要品2.JPG
発生します。これらの品々は、まだ使えるものの国内では商品価値が低く、ゴミとして処分されるものも少なくありません。
それは「もったいない」と考え需要の存在する東南アジアに向けて輸出しています。

「自分では使わないけれど、捨てるのはちょっと・・・」
そんな大切な品々も、海を越えて大切に使ってもらえます。
この事業を地域の皆様に活用していただくため、不要品の
回収サービスも行っています。

blank

「エコ活動を通して人を育てる」
このような意識のもと、大橋運輸ではエコ活動を通して社員に環境について考える機会を提供しています。
社員一人一人が環境に関する知識を深め、自発的に考え・行動することが様々な活動に繋がっています。

エコピープル2.jpgeco検定合格支援

環境についての幅広い知識を身に付け、様々な活動に活かすために、
全社員にeco検定の受験を奨励しています。
多忙で学習時間の確保が難しい社員のためにオリジナルテキストを作成したり、
勉強会を開催しています。
また、検定受験料の補助や合格者の表彰・記念品の贈呈の他、WEBサイトや
社内報への掲載を行い、社員のモチベーションアップを図っています。

オオハシ・ファーム

P1010192 (640x480).jpg本社敷地内空き地を活用して開いた有機ミニ農園です。
化学肥料や外注駆除剤を一切使用せず、コンポストで出来た堆肥を
利用して季節ごとに様々な野菜を栽培しています。水遣りや除草など、
仲間と共に汗を流し収穫の喜びを味わうことによって社員同士の絆を深め、
植物を工夫して育てることにより社員の感性を磨き心を豊かにします。
自分たちで育てた作物を収穫し、獲れたてを味わうことで、地産地消・
旬産旬消の意識を高めます。

 

その他、ゴミの徹底分別、エコドライブ、エコキャップの収集、地域美化活動、社内消費エネルギーの削減などの活動を通して社員のエコマインドを更に向上させ、エコ活動に良い循環が生まれています。

blank

私たちの行っているエコ活動を地域の方々に知って頂く、そして一人でも多くの方がエコに関心を持ってくださるように、社外に向けて活動を広げています。

eco検定推進

eco検定サポート企業として、様々な機会に地域の皆様へ向けてeco検定のご案内をしています。
地元瀬戸市やお隣の尾張旭市にもご協力を頂いて、市役所などの公共スペースにポスターを掲示して頂いたり、
市議会の中で助成金について質問を投げかけたりしています。

オオサンショウウオ.jpgオオサンショウウオ保護

私たちの地元・愛知県瀬戸市は、国の特別天然記念物である
「オオサンショウウオ」の貴重な生息地です。オオサンショウウオを
守るため「瀬戸オオサンショウウオの会」とご協力して、生息地である
蛇ヶ洞川とそこに設けられた人口巣穴の清掃活動を行っています。
大切な種を守り、人と自然が共生する美しい里地里山を未来の子どもたちに
遺すため、積極的に保護活動を取り組んでいます。 

地域美化活動

2012.8.4アダプト2 (2).jpg本社所在地である瀬戸市の「せと まるっとごみゼロ大作戦」や
小牧営業所のある大口町「アダプト・プログラム」に参加し、日頃から
お世話になっている地域の皆さんへの感謝の気持ちを込めて、美化活動
(除草・ゴミ拾い・側溝掃除・カーブミラー清掃など)を行っています。

啓蒙活動

毎年、地元の環境フェアに出展し、3Rの呼びかけやeco検定のご紹介を
行ったり、エコ活動に関する講演を行うなど、環境への意識向上を目的とした
啓蒙活動を行っています。

 

blank

弊社の運送業、引越・片付サービスでは、トラック75台を使用しており、社員数で同規模の他業種に比べて、
多くの化石燃料を使用し、CO2を排出しています。弊社では2005年2月の京都議定書発効を受けて、少しでも
CO2排出量を減らすために様々な工夫をしています。

P5230017 (481x640).jpgエコドライブ

年に1度のエコドライブ講習とともに、トラック全車にデジタルタコグラフを設置し、
ドライバーの運転状況を24時間記録・管理しています。
この記録を元に、ドライバーの指導・教育を行い、エコドライブ徹底に努めています。
また、低公害車の導入も併せて行い、営業車両全車にETC車載器を搭載し、
燃費の向上を図っています。

電力使用量の削減

ファン他.jpgエアコン吹出し口へのハイブリッド・ファン設置、事務所の
ペアガラス・LED照明の導入、敷地内通路ではソーラーライトの
設置など、使用量削減のために様々な設備を導入しています。
それに加え、全社でウォームビス・クールビズを積極的に実施し、
「点けたら消す」ポスターの掲示や社内報での呼びかけなど、
社員の力による電力使用量の削減を図ることで、2年間で31.6%の
使用量削減に成功しています。

紙の使用量削減

社内での紙使用量削減のためにグループウェアを活用し、連絡や報告のペーパーレスを心がけています。
また、事務所内にはサイズごとに表示した「裏紙ボックス」を設置し、A3サイズまでの裏紙利用を徹底しています。

blank

私たちはこれまでにご紹介した通り様々な環境活動を行っていますが、環境に優しく、さらに地域の皆様や地球の仲間に優しい活動を目指して、以下のような活動を行っています。

P・G.jpgエコバッグで届けよう Happy Smile! ~オリジナル・エコバッグ製作~

「地域の皆様に優しい気持ちを届けたい」という想いから、オリジナル・エコバッグを
製作しています。出来上がったエコバッグは地域の障がい者支援事業所にお届けし、
加工・販売から出る収益を事業所で活用していただきます。

エコバッグを使用される地域の方々の環境だけでなく地域の障がいを持つ仲間との
助け合いの意識向上、加工・販売に関わる方々の社会参加の促進を目指し、
このエコバッグに関わる全ての人が笑顔になれるよう、活動を継続しています。

エコキャップ無料回収

下品野キャップ1.jpg私たちはエコキャップ(ペットボトルキャップ)を集めて、瀬戸市内のリサイクル
工場に売却した代金で市内の障がい者福祉事業所が製造する軍手を購入し、
地域で環境保護や環境美化活動を行っている団体に寄贈しています。

この活動は二酸化炭素の排出量を削減するだけでなく、同じ地域に住む
仲間との支え合いや地域の環境保護活動を促進します。
この活動を地域の皆様にも知って頂くために、学校や企業で集めてくださった
エコキャップを自社トラックで無料回収に伺っています。

東南アジアの恵まれない子どもたちへ

リユース品輸出時のコンテナの隙間を利用して、家庭でご不用になった服や
靴・文房具をフィリピン・カンボジアの恵まれない子どもたちに無償でお届けしています。
社員の持ち寄りだけでなく、地域の学校や個人の皆様にもご協力を頂いています。

blank
1 blank
blank
blank