blank
トップ 新着情報

新着情報

【2017.06.28】

IMG_9575.JPG大橋運輸はES活動の一環として、禁煙サポート・8020運動・旬産旬消など、社員が長く元気に働くことのできる体作り「健康増進活動」に力を入れています。

その取組を広く宣言するため、全国健康保険協会愛知支部に「健康宣言」チャレンジ事業所として登録しています。

この度、この事業所の中から優秀な取組に積極的に取り組んでいる事業所として「健康取組優良事業所 金賞」を受賞致しました。

大橋運輸では今後も社員がイキイキと元気に働くことができる職場づくり、体作りをサポートして参ります。

 

 

blank
【2017.06.28】

IMG_9502.JPG6月21日、尾張旭市中央公民館にて尾張旭市役所産業課主催の消費生活講座 「終活セミナー」が開催されました。

「生前整理」のコーナーでは、弊社の遺品整理士が講師を担当し、一番整理が大変と言われる衣類や写真の整理のコツやポイント、生前整理をするメリットなどを、実例を交えながらご説明しました。

「エンディングノート」のコーナーでは、弊社の社会福祉士が講師を担当し、エンディングノートのメリットや遺言書との違い、記入時や保管に関する注意など、実際にエンディングノートを記入する際に役立つ情報をお伝えしました。

「遺言書」のコーナーでは弊社と提携する岩田司法書士事務所の岩田先生をお招きし、様々な実際のケースにおいて遺言書を作成するべきなのかどうか、など遺言書を作成するメリットや作成する際の注意点などを詳しくお話頂きました。

セミナー後半の質疑応答の時間が足りなくなってしまうほど多くのご質問を頂き、終活への皆様の興味の大きさを伺い知ることが出来ました。

また、「とても面白かったです。今日から衣類を片付けようと思います。」「早速主人とエンディングノートを書き始めます。」「大橋運輸で終活の相談ができるなんて、知らなかった!」など嬉しい感想のお声を頂いています。

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

今後もこのようなセミナーを開催していく予定ですので、ご興味をお持ちの方は大橋運輸までお問合せください。

blank
【2017.06.26】

6月24日、国の特別天然記念物オオサンショウウオの生息地である蛇ヶ洞川の清掃活動を行いました。

他の生息地に比べて蛇ヶ洞川のオオサンショウウオは痩せていると新聞記事で知り、河川清掃活動をスタートして今年で6年目になりました。昨年までは年々産廃ゴミが減り川も綺麗になってきたと感じていましたが、今年の活動で産廃ゴミが増えている事に気が付きました。

瀬戸市は国の特別天然記念物の貴重な生息地です。しかし、このままではオオサンショウウオが絶滅するまで、この貴重な川の産廃ゴミ問題に関心は高まらないかもしれません。

人は「無いもの」には関心を抱きますが、「有るもの」には無くなるまでその価値に気が付かない事があります。

自然を壊すことは簡単ですが、再生するには時間がかかります。弊社も微力ながら今後も河川清掃を継続し、オオサンショウウオが瀬戸市で生息できる環境を守り、国の天然記念物を失うことのないよう、地域の皆様と協働していきたいと考えています。

IMG_9545.JPG IMG_9553.JPG IMG_9562.JPG

blank
【2017.06.21】

大橋運輸では、社員が元気に長く働くことのできる身体づくりのための健康増進活動の一環として8020運動を推進しています。

ドライバー職は時間が不規則な勤務もあり、平日に歯科を受診することが難しい社員も多く在籍しています。

そのため、今年も6月18日(日)、瀬戸市西松山町のKデンタルクリニックの川瀬院長にご協力いただき、

日曜歯科検診を行いました。

027.JPG S__10625039.jpg

blank
【2017.06.07】

生前整理セミナー6月4日、イズモ葬祭祖母懐店様が開催された「おもいで供養祭」の中で弊社の遺品整理士と社会福祉士が生前整理セミナーを担当させて頂きました。

大橋運輸の生前整理セミナーでは、亡くなる前の準備としての生前整理ではなく、これからの人生をより豊かに快適に、そして安心して暮らせるための整理をおすすめしております。

この日は30名ほどの地域の皆様が、生前整理のメリットやお片づけのコツ、片付けにまつわるクイズなど、興味深そうに耳を傾けてご参加下さいました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

大橋運輸では専属の遺品整理士や社会福祉士、整理収納アドバイザーが生前整理・遺品整理などのご相談を受け付けております。

整理にまつわる疑問などお気軽にお問合せください。

blank
【2017.05.23】

2017年5月、大橋運輸の社員有志が協力し、フィリピンの恵まれない子どもたちにぬいぐるみや食事を届けました。

ぬいぐるみは日本で使われなくなったものを再利用したものです。

私たち社員も、こどもたちの満面の笑顔という素敵なプレゼントを頂きました。

S__9199628.jpg S__9199631.jpg S__9199634.jpg

blank
【2017.05.10】

災害時協力事業所4月14日、大橋運輸は「災害時協力事業所」第1号として瀬戸市に登録されました。

「災害時協力事業所」とは、大地震などの災害発生時に、事業所の持つ組織力や
専門的なスキル・資器材・施設を地域住民や消防機関に提供し、地域の災害対応
能力の向上に協力する事業所です。

協力内容は平常時の地域防災訓練参加、地域活動への参加、災害時においては
初期消火活動、負傷者の救護、避難誘導、障害物除去、消防車両への軽油提供、
一時避難場所の提供などです。

平常時から災害に備え、いざという時には地域の皆様と協力して瀬戸市での被害を
最小限に食い止められるよう、日ごろから安心して暮らせる街づくりを目指して
活動を続けて参ります。

blank
【2017.03.24】

このたび大橋運輸株式会社は「平成28年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」を受賞致しました。

人手不足の運輸業で女性や外国人、LGBTなど多様な人材の働きやすい環境を整備することで、
サービス品質の向上や業績拡大に成功したことが評価され、運輸業の中小企業として
全国で初めて「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。

この受賞を新たなスタートとして、多様な社員一人一人が能力を最大限に発揮できる職場環境・
風土・制度の更なる改善に取り組んでまいります。

 IMG_9224.JPG

経済産業省 ニュースリリース掲載ページ

平成28年度 新・ダイバーシティ経営企業100選 受賞企業一覧

blank
【2017.03.07】

2017.3.6_CSVフォーラム.JPG2017年3月6日、日本福祉大学知多半島総合研究所主催のCSVフォーラム「地域にある共通価値の再発見と創出~企業と地域の共生~」に、弊社代表取締役の鍋嶋がパネリストとして参加させていただきました。

パネルディスカッションでは、一般社団法人 永続的成長企業ネットワーク代表理事の吉田正博氏、愛知学泉大学現代マネジメント学部准教授の三輪昭子氏と共に、「地域づくりに必要な企業とは」というテーマで、大橋運輸の考える企業の地域貢献の目的やあり方、地域と共生する企業の姿についてお話させて頂きました。

blank
【2017.03.01】

地域環境保全学生ボランティアリーダー.jpg大橋運輸では、地域の学生の皆さんに向けてeco検定受験料の補助を行っています。

このたび瀬戸市立水無瀬中学校の生徒さんが見事eco検定に合格され、弊社を訪問されました。

今後、社員と共に地域の環境保全活動に取り組んでいただく彼女を「地域環境保全学生ボランティアリーダー」に任命すると共に、お祝いを贈呈させて頂きました。

大橋運輸では今後も地域の学生や住民の皆様と手を取り合い、地域の環境保全のために活動を続けて参ります。

blank
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 blank
blank
blank